*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


皆様
ご心配いただき、メールや、コメントを
ありがとうございます。

山形の家族とはなんとか 
携帯のメールだけがつながり、無事が確認できました。
家の中はぐちゃぐちゃになってはいるが、
みな無事とのこと。
で、一安心です。

いまだに停電が続いているので、
寒いし、不便だけれど、水だけは出るから、
まだいいほうだそうです。

余震は絶え間なく続いているようです。



こういう日に限って、
私の家では、
TV 電話 インターネット
の会社を取り換える工事が入っていて、
工事が終わっても、
主人が帰ってくるまで、
わたしのPCで インターネットが使えないという
状態で、
まったく、私のやることはいつもこうだ!
とイライラしました。


TVジャパンで
津波に流された、ショックな映像を見ながら、
息子たちと、
今、行っても何もできないのかなぁとか、
今は、行くこともできないんだね
と話し合い、
まったく、どうすれば いいのかわからない
気持ちになりました。


でも、山形の母には
兄夫婦が
東京の母には
主人の妹家族が
ついてくれています。

これが、母が一人暮らしだったらと考えると、
怖くていられません。

二人の母と一緒に暮らし、守ってくれている
兄弟姉妹に深く感謝です。

本当に、こういう時は遠いことが恨めしくなります。
心配するだけで、何一つできない。


一人暮らしの方々は、どれだけ心細い気持ちでいらっしゃるでしょうか。



神戸で、阪神大震災に遭った
友人が何度もメールをくれて

-------------------------------

神戸の地震の時さあ・・・
ホントに 怖くて 寒くて 真っ暗で お腹はすくし トイレもないし 水もない 
 
ショックのあまり その夜から40度の高熱が出て
地面の地割れで捻挫しても薬もない
それでも 容赦なくずっと余震が続き・・・・
ライフラインが元に戻ったのは、地震発生後 3ヶ月だった。。  
あんな悲しい事は もう二度と嫌だって思ったけど・・
なぜまたこんなことに・・ 

体に突然の恐怖を植えつける地震
目に見える恐怖を運んでくる津波
目に見えない恐怖と戦う放射能

胸が痛い・・・

地震当初は 気が張っていて 町中みんなが助け合おうって元気なんだけど、
少し回りが見えるようになってきた頃からか 
いいようの無い喪失感が 町中を襲ってくる
そんな時 やっぱり家族の温かさが何より心にしみた。

-----------------------------

と言っていた。(ごめん、本人に無断で掲載)


今後、様々な不安、恐怖、疲労、病気、喪失感…
が多くの人を襲うのでしょう。


私に何ができるのか、何をすればいいのか
を考えていきたいと思います。


被害に遭われた方々、
心からお見舞い申し上げます。


スポンサーサイト


[No title]
ご家族の方と連絡が撮れ なによりです

お友達の体験談を聞き
これからの 悲惨地の方たちの生活を 考えてしまいます
私達にできる事って 赤十字とかを利用して 寄付をする事でしょうか
何か ありましたら また 記事になりに 更新お願いいたします

日本のテレビが見られると 情報も入りやすいでしょうね

コメントありがとう

ランチ時間にお邪魔しました

[はちきんイジー様]
ありがとうございます。
まだ、何ができるのか、何をすればいいのか考えつきません。

復旧までどれだけの時間と、労力と、お金と、悲しみが費やされなければならないのでしょう。
想像がつきません。

原発も、とても怖いです。
二次災害、三次災害がおこらないよう祈るばかりです。
この記事へコメント:する















yamao

Author:yamao
アメリカ ニュージャージーでおばちゃん英語を押し通し、4人の子供を育てています。
日々食べたもの、読んだ本、子供のこと、腹たったこと、笑ったことなど書いていきたいと思います。

リンクフリーです!
ぜひ、リンク貼ってください!

名前:
メール:
件名:
本文:

JWordクリック募金
  
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
皆様の応援だけが頼りです!
人気ブログランキングへ/ にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
TREview
1日1クリックお願いします!
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。