*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10768478-large.jpg

私たちの住んでいる町出身の方が、
アフガニスタンで戦死され、
昨日 町葬とでもいうのか、
町全体で彼の死を悼んだ。

ご遺体を乗せた車は、町役場を出発し、
メインストリートを通って、
母校であるにーちゃんたちの通う高校でUターンをして
葬儀の行われる教会へと行った。

生徒たちは、前日までに、
ににの学年は青、
ちにの学年は赤、
ねぇねの学年は白
というように、星条旗の色の服を着てくるように言われ、
車の通る時間は、全員が外で参列した。


町の様々なところに立つ
星条旗は今日も半旗のままである。


お亡くなりになったのは、29歳の方で、
妹さんの結婚式に出席するため、
帰ってくるのを2週間後にひかえての
ことだったそうだ。


私は日本で、戦争は″過去の過ち″と社会の時間に習った。

しかし、平和だと信じている現代に
戦死する方がいて、息子さんの死を嘆くご両親がいらっしゃる。


せっかく大学に受かって普通に勉強していても、
ある日銃で撃たれて亡くなってしまう学生もいる。



これがアメリカの現実だ。











スポンサーサイト


[管理人のみ閲覧できます]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメント:する















yamao

Author:yamao
アメリカ ニュージャージーでおばちゃん英語を押し通し、4人の子供を育てています。
日々食べたもの、読んだ本、子供のこと、腹たったこと、笑ったことなど書いていきたいと思います。

リンクフリーです!
ぜひ、リンク貼ってください!

名前:
メール:
件名:
本文:

JWordクリック募金
  
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
皆様の応援だけが頼りです!
人気ブログランキングへ/ にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
TREview
1日1クリックお願いします!
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。