*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日 ぶうこは、さきちゃんのバースデーパーティーによんでもらった。

... ...今日のは、
最近 別にアメリカでなくてもいいじゃんって
家の中で起こった出来事ばっかりだったので、
少しアメリカらしい話題だ。

でも、他にもアメリカの子育てブログはたくさんあるから、
いまや格別 珍しい話でもないかもしれないが、
まぁとにかく
アメリカでは 日本よりずっと大規模なパーティーをする。

そのためのパーティー施設や
出張パーティー屋さん
パーティー用DJの人、
お料理の配達など
様々なパーティー業がある。
自分のおうちに動物園を呼ぶこともできる。

今回 ぶうこが招待されたのは
小さい子供たちが大好きな
巨大バルーンでできた滑り台などがある
Bounce U というところ。
http://bounceu36.reachlocal.net/party-places-for-kids/new-jersey/paramus/


迎えに行った時(K子ねーさん ぶうこを 送ってくれてありがとう。)には
遊具の部屋での遊びが終わって
パーティールームで
ピザとケーキを食べているところだった。
001+(2)_convert_20110226040100.jpg



そういえば、
引っ越してきたばかりの頃、
誕生日の定番メニューがピザ、
それもチーズだけのプレーンなピザ、
そして、それが子どもたちが一番好きなメニューだと知った時は
軽くショックだった。
そしてアメリカの人はこんなにも毎日のように
ピザを食うのだと知ったことも 驚きだった。 
ピザを一枚丸ごと、注文するときは“パイ”って言うこともあることも
しばらくしてから知ったっけな。



おいしく アイスクリームケーキもごちそうになった後は、
ぶらいあん おにーさんの司会で、
さきちゃんが宝箱を開けるのをのぞいたり、
005+(3)_convert_20110226040200.jpg

ぶらいあん おにーさんの言う通りに一列に(?)並んで、
006+(2)_convert_20110226040230.jpg

グディーバッグ(おみやげ)をもらって
パーティーはお開きになった。

こういうパーティー施設でパーティーをする場合は、
ぶらいあんおにーさんのような人がすべて仕切ってくれるし、
ピザもケーキも用意してくれて、子どもたちに出してくれるし、
片付けも全部やってくれるので、
親は、ビデオや、写真を撮ってるだけでいい。
(もちろんお帰りの際は、お支払いがあるが。)

子どもたちを飽きさせないように、
そして何より、パーティーの主役の子が最高の気分になるように
楽しく演出してくれる。
なので、たいがいパーティーに呼ばれた帰りには
「あそこで私もバースデーパーティーがやりたい!」となる。

さきちゃんも とっても嬉しそうだった。
いっぱい いっぱい プレゼントをもらって
明日 船便で一便出すって言ってるのに
どうするんだろうって いらない心配をしたほどだ。



そう、 さきちゃんは来月には日本に帰国してしまう。

さきちゃんのママには本当によくしてもらった。



ぶうこには 
プレイデートする友達が少なくて不憫だなと思うのだが、

現地の学校のお友達のママには
英語で電話しなくちゃと思うと、
この皮下脂肪がたっぷりついた腰がますます重くなって、上がらないし、

ぶう子と同じ年の子が、長男長女で
頻繁にプレイデートをして、ママも一緒にお友達になっている
方々とは 年齢の開き という厳しい現実があり、

どうしても、ぶうこは私と二人おうちで遊ぶか、
おば集会につき合わせることになってしまう。

おば集会のメンバーは、にに の年代のお子さんを持つ方々なので、
当然皆さんのお子さんは、高校生以上で、
ぶうこと同年代の子どもを持つのは、
夏に4人目の出産を控えるH美ちゃんくらいである。
(H美ちゃんのご懐妊には 大いに勇気づけられた。)

ぶうこがあまり文句も言わず、
おうちでおとなしく Sponge Bob 見てるのをいいことに
ずぼらを決め込んでいる こんな私なのに、
さきちゃんのママは 時間があれば すぐに
ぶうこを誘ってくれて、
時には送迎付きで ぶうこをさきちゃんと遊ばせてくれた。
上の子たちの用事で、迎えに行く時間が遅くなっても
「いっくら遅くってもいいよ」と言って、
ぶうこを預かってくれて、本当に助かった。
ありがとう さきちゃんのママ。


さきちゃんが帰っちゃうと、さびしくなるね。ぶうこ



今年は、本当に帰国なさる方が多い。
やはり、不景気の影響なのかなと思う。
それとも今までアメリカに注がれていたものが
中国などに移ってしまうからだろうか。



3月は 残留組にとって 悲しい別れの季節です。

残留組の平均年齢が年々高くなっているような気がするのは、
私だけ? 
最後に ぽちっ とお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト


この記事へコメント:する















yamao

Author:yamao
アメリカ ニュージャージーでおばちゃん英語を押し通し、4人の子供を育てています。
日々食べたもの、読んだ本、子供のこと、腹たったこと、笑ったことなど書いていきたいと思います。

リンクフリーです!
ぜひ、リンク貼ってください!

名前:
メール:
件名:
本文:

JWordクリック募金
  
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
皆様の応援だけが頼りです!
人気ブログランキングへ/ にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
TREview
1日1クリックお願いします!
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。